そのままでいいがな


by パランセ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ほめる

a0043408_214839100.jpg


子育てをしていて 心がけている事あります。
大した事ではありませんが

「ほめる」ことです。

今日の息子の療育での勉強会のテーマでもあり
改めてこの事について考えてみました。





親バカである私は 6年生の息子が可愛くてしかたありません。

だからと言って いつも甘い甘い生活を送っている訳はなく

怒ると 鬼のように怖い母です。

でも 良い事をした時は めちゃ褒める事にしています。

今日の勉強会では「効果的な褒め方」につい学びました。

日頃褒められるより注意されたり叱られる場面が多い怪獣君

良い事をした時は具体的に行動した時点でまず褒めます。

例えば 自分から宿題を始める

教科書を出した時点で褒め

ノートに文字を書いては褒め

真剣に計算しては褒め

最後まで出来たら褒め

片付けたら褒め

褒め殺しです・笑

真正面から子供と同じ目線で
指示した時とは違った穏やかな声で手短に言葉にして褒める
褒め方にもコツがあります。
忙しいと難しいですが・・・

こんな簡単ななこと?

そう思われるでしょうが・・・

コレができないのが発達の未熟さ バランスの悪さでもあります。

気持ちのコントロールが出来ないのです。

当たり前のことが出来ない

怠け者のように見えるかもしれませんが

日々こんな些細な事で苦労してる子供たちがいます。


反対に宿題が出来ない日もあります。

言い訳をグダグダ並べても無視

きっぱりと 「宿題をしなさい」と言い切ります。

そして 始めたら褒め
最後までやったら 褒める

こんな事の繰り返しです。

長女では こんな経験をしたことが無く・・・・
宿題は 黙って一人でこなしてました。


大人の指示が聞けると言うのは社会に出てからも大切です。
言われないと行動できないのも問題でしょうが
まず 人の話を聞く
それから 自分の意見を伝える
物事には順番があります。

来年は中学に進学する怪獣君
働く大人になる為に
彼にどんな道を歩ませたら良いのか頭が痛い時期でもあります。

褒められ・・・
自信をつけ
成長してほしい

多くを望んでないつもりですが

彼には 険しい道でもあります。
[PR]
by buraunn7 | 2008-06-17 21:30 | コドモ