そのままでいいがな


by パランセ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

聖杯

聖杯と呼ぶ人の「まなざし」

本来のまなざしは、
人々が無意識に身につけている仮面や偽物の表情をはぎとり
硬直した心を柔らかく解きほぐすほど
強く人の心に関与するものだ。

そういった聖杯としてのまなざしをかっての母親は
普通に所持していたと思う。
子供とはそのような母親のまなざしの聖杯を
受けつつ成長する。
でも、今、それは困難なことだと。

藤原新也著書『渋谷』のあとがきより




数日前の朝日新聞で見かけた言葉が引っかかりました。
「母親がつらい時代」を題して記事の中に上記文章がありました。

基礎学力や学歴さえあればそれなりの社会生活が保障された以前の日本(近代)
それが
コミニケーション能力や独創力など計算し難いものによって評価される時代(ポスト近代)
に入りつつある。
『多元化する「能力」と日本社会』の中で本田由紀さんが指摘されてます。

子育てが難しい時代なんでしょうか。。。
とても個性的な我が子を見ていると世の中でやっていけるんだろうかと
心配になり「まなざし」が「監視」の目に変わっていってしまいがち^^;
目に見えないものを教えるのは至難の技ですよね。
母が手本となってと言えるほど
コミニケーションに長けていない自分には痛~~い新聞記事でした。


「まなざし」と言えば。。。
ビョンホンシのあの眼差しを思い出してしまう呑気な母なのですが
少し気になったことがあったので愚痴ます。(苦笑

先日都内に用事があって足を伸ばし新宿シネマートに前売り券を買いに行きました。
ポストカードやクリアファイルなど実際目にするのは初めてで
ひぇ~~どれもステキと感動してたら
隣にいたおば様が会計してる人のファイルを勝手に手にして
「裏はどうなってるの?」
買った物を入れる夏物語のビニール袋を見て
「袋だけもらえないにかしら?欲しいわ~」
などなど騒いでるの。^^;

なんだこの人と思いながら会計を済ませさっさと帰りました。
あの人はファンなんだろうか?
夏物語の宣伝が入ったビニール袋だけ欲しいの?
関係ないかもしれないけど。。。
韓国で舞台挨拶の彼だけ見て映画本編を観ない方たちを思い出してしまいました。
いろいろなファンがいていいと思うけど
彼の本業である作品を観ないで
彼に何を求めるんだろうか?
不思議で。。。理解できない。
もちろん生の彼はオーラで輝いていて至近距離で見たい気持ち
自分にもあります。(豆粒BHしか知らないから

でも新作映画で苦戦してる話を聞くと
韓流ブームが終結して韓国の俳優として普通に仕事をして欲しい。
日本で営業活動しないで
一年に二本くらい韓国で映画撮ってくれたら
私としては嬉しいのだけど。
ワガママな願いなんだろうか?
大スターとしでなく。。。演技派俳優としての姿が観たいなぁ。

夏物語は前売り券4枚買いました。
ジャパンプレミアムはすっかり諦めてます。
先日とある懸賞でユニバーサルスタジオペアチケット当てちゃったの。
コレを見た瞬間こんなところで運を使って。。。
嬉しいんだけど素直に喜べず会社で苦笑い。

当たるなら。。。夏物語・ジャパンプレミアが良かった。
こんな母を許して(>_<)(子供たちは喜んでます
大阪までの交通費と宿泊費を考えると頭が痛い。

話が飛び飛びで矛盾してるかもしれませんがご了承ください。
[PR]
by buraunn7 | 2006-12-22 23:06 | コドモ